がん治療をしている男性

癌は、うまく機能しなくなった細胞です。
無秩序に増殖し続けて、各機能に異常をきたします。
人体は細胞で構成されているゆえ、年齢や性別にかかわらず、あらゆる人のあらゆる器官に発症する確率があります。
近年では、医療技術の発達によって、初期治療では完全寛解や完全治癒が十分に可能な病気となっています。
しかし、末期になると移植や除去によってしか治療ができなくなります。
また、しばしば再発・移転します。
再発とは、同じ部位に癌が発症することです。
転移とは、以前と異なる部位に新たな患部が発生することです。
どちらも、多くの場合は定期診断で発見することができます。
癌について知っておくといい情報は、発症した部位によっては転移しやすいことです。
たとえば、腎臓や肝臓など内蔵機器の癌の場合はその臓器だけの発症にとどまることが多いです。
皮膚においても同様です。
早期発見・早期治療を行えば、癌細胞が血液の中に入って体中を巡ることはありません。
ゆえに、転移しにくいとされています。
しかし、血液やリンパ液が侵された場合は、他の器官に転移しやすい傾向にあります。
それは、血液やリンパ液が身体の中の隅々までいきわたっているからです。
それによって、全身に癌細胞がめぐることになります。
そして、各器官を侵します。
また、癌細胞は細胞が多く集まるところに発症します。
よって、脳・骨・肺・肝臓は転移しやすい器官です。
また、肝臓癌はとくに転移しやすいので注意が必要です。

癌の転移

癌の転移を治す為の現在の取り組みには様々な方法があり、癌が転移する前に治療を行い、できるだけ今後、癌が体内に再発しないようにする方法が多数存在しています。
例えば薬による薬物治療を行う事などが現在の取り組みとして行われており、癌の治療が必要な場合に、小さな癌でも転移している可能性があればこの薬物で治すという方法は用いられます。
また、この他には放射線治療や手術治療などが存在しており、集学的治療という治し方も実施されています。
数種類の治療方法を組み合わせる方法も実際に癌を治す時には行われているのが現状で、その治し方は癌の転移状況や、個人の癌の症状状況によって異なります。
ちなみに薬物で治す事になった場合には、錠剤やカプセルなどの飲み薬を使用した治し方と、点滴や注射などを使用し、血管に直接薬物を注入する方法が存在する為、これらの方法が使用されます。
尚、肝臓などの場所にがんが出てきてしまった場合には、特定の臓器に流れる動脈の血液の流れに乗ってその臓器に集中的に効果のある薬を投与する方法などが現在、がんを治す医療現場では行われているケースが多くなっており、近年では薬物を行っての治し方が進歩し、手術を行わずしてがんを治す事が可能な状態になってきています。
入院をするだけでなく、初期の段階であれば外来での治療を行う事も可能となっている場合もある為、早期発見の後には早い時期に治すように心がける事が非常に大切です。